ペット葬儀・霊園お役立ちサイト

ペットが亡くなったとき慌てないために〜ペット葬儀を検討してみては

ペット葬儀・霊園

犬や猫といったペットを飼っている家庭は増え続けているようですが、そのような中でペットと共に暮らしていく中で避けて通れないことがあります。
それはペットが死んでしまうことです。
人間が死んでしまうのと同じように、ペットの死も避けては通れないものであり非常に悲しいことです。
もしも家族同様に過ごしてきたペットが亡くなってしまったら、家族としてどうしたらよいでしょうか?
悲しいながらもペットを安らかに眠らせてあげる為に、家族として飼い主としてやらなくてはならないことがあるとは思いませんか?
まず、あなたはどうすればよいのでしょうか?

 

亡くなってしまったペットをどのように供養したいか考えてみましょう
自分ができるペットの埋葬方法を見つけ出しましょう

 

そこで当サイトではペットが亡くなったときの対処法やペットの弔い方、ペット葬儀社やペット霊園の選び方のポイント、都道府県別にペット葬儀社・霊園などの情報を掲載しています。
ペットが安心して旅立つことができるように、あなたなりの方法を考え見つけ出してください。


供養したいと考えていますか?

ペット葬儀・霊園

家族同様に過ごしてきたペットが亡くなった場合、人間と同じように供養したいと考える方が増えているようです。
行政機関への手続きや、ペットの埋葬方法の検討に忙殺されて、ゆっくりとペットとお別れすることができなかったという話を聞きました。
このようなことから人間と同じようなお通夜を行って、しっかりとペットとお別れをするという方がいます。

 

まずはペットの体を清めてあげましょう。
人間の場合でいいますと「湯かん式」に相当するものです。ペットの体をしっかりと洗い乾かしてあげて、きれいな体で旅立ってもらいましょう。

 

ペットの体のお清めが終わりましたら次は納棺です。棺にはペット専用に作られた高価なものがありますが、一般的には段ボール箱に入れている方が多いようです。その際に、毛布などを敷いてあげるとよいでしょう。

 

ここで注意が必要なのは、ペットも亡くなると人間同様に腐敗が進んでいきます。そこでペットの遺体の周りにドライアイスを敷き詰めて冷やす必要があります。
ドライアイスの購入につきましては、一般的には町の氷屋さんで売っています。iタウンページで”ドライアイス”のキーワードで探せば、お近くの販売店が見つかると思います。

 

そして写真とお花を飾り、生前大好きだった食べ物やおもちゃなど供えれば立派な祭壇の完成です。
このようなお通夜を行っている間に、亡くなってしまったペットの埋葬方法を考えてみましょう。


ペットの埋葬をどのようにしたいですか?

ペット葬儀・霊園

ペットの埋葬の方法に関しては法律等で規制されていません。
人間であれば墓地埋葬法により遺体は火葬して墓地に埋葬しなければなりませんが、ペットに関しては火葬しなければならない法律はありません。
よって、飼い主のペットに対する考え方によって埋葬の方法か異なってきます。

 

ペットの遺体を自治体の清掃局に引き渡す庭に埋葬する、ペット霊園などで火葬して埋葬するなど様々な方法があるのです。
ペットが死亡した際、地方自治体によっては火葬などを行ってくれるところもあります。しかし、その内容は地方自治体によって異なりますので依頼したいと考えている場合は事前にしっかりと確認する必要があります。
確認する場所は保健所ではなく市役所等に連絡・確認することになります。

 

ここで一つ知っておかなければならない現実があります。
それは地方自治体はペットの遺体を「ゴミ」と同じように扱うことがあるということです。

 

地方自治体の仕事の一つとして道路上で事故死した動物などを収集して焼却処分しています。
また、引き取り手のない犬や猫などを殺処分して遺体の焼却も行っています。
これらは亡くなった動物を葬るという考えではなく、ゴミと同じように焼却処分するという考えなのです。
しかし全ての地方自治体がゴミとして扱うわけではありません。

 

動物を火葬するための専用炉で持ち込まれた他のペットや事故死した動物たちと一緒に火葬して合同慰霊碑に祀るところや、動物を火葬するための専用炉で一体ずつ火葬してお骨を返してくれるところ、民間のペット霊園等に火葬を委託することろ、地方自治体がペット霊園を所有しており火葬から納骨まで対応するところまで様々です。


お骨の祀り方 - 庭に埋葬する

ペット葬儀・霊園

自宅の庭などにペットのお骨を埋葬・散骨する方は、ペットを大地に戻してあげるという考えの下で行う方が多いようです。
木の根元に散骨すると、お骨はやがて木に吸い込まれ自然に帰ることができるという考え方や、次の人生では足が生えてくるように、つまり人間に生まれ変われるようにという考え方で木の根元に散骨する方がいます。

 

花壇に散骨すると、お骨は土に吸い込まれ、やがて美しい花となって自然に帰るという考え方があるようです。
この場合注意が必要なのは、ペットのお骨をなるべく細かく砕く必要があります。

 

一般的な方法としては、破れにくい袋に入れて、ハンマー等で叩く方法があります。
少し抵抗があるとは思いますが、ペットのことを思い、やさしく行うようにして下さい。